個別検査

CAARS 日本語版
    商品コード: KS-0021

    CAARS 日本語版

     
     

    特長
    成人ADHDの症状重症度を把握するための評価尺度

     当検査は、ADHD分野で30年以上臨床経験のあるコナーズ博士によって開発されました。海外で販売されている信頼性の高い評価尺度の日本語訳です。日本語版は浜松医科大学精神神経医学講座准教授の中村和彦監修で翻訳しました。質問紙のプロフィール表は、日本での調査データに基づいて作成しました。


    ■検査用紙は「自己記入式」「観察者評価式」の2種類あります。複数の回答者からの情報をもとに包括的に評価を行います。観察者とは、家族、友人、同僚など最近の本人をよく知る人を指します。
    ■「自己記入式」「観察者評価式」は、尺度・項目に整合性があり、回答者間の情報を容易に比較できます。
    ■ADHDの人とそうでない人を判別するための項目(ADHD指標)が含まれます。
    ■回答に一貫性があるか判別する指標(矛盾指標)があります。
    ■DSM-IVによるADHD診断基準と整合性のある尺度です。
    【CAARS日本語版の尺度】
    A. 注意不足/記憶の問題
    B. 多動性/落ち着きのなさ
    C. 衝動性/情緒不安定
    D. 自己概念の問題 
    E. DSM-IV不注意型症状
    F. DSM-IV多動性-衝動性型症状
    G. DSM-IV総合ADHD症状
    H. ADHD指標

    【活用場面】
    病院(外来・入院)、精神科病院、クリニック、発達障害者支援センター、福祉施設等に関わる医師、臨床心理士、臨床発達心理師、ソーシャルワーカー、カウンセラーの利用を想定しています。

    【医療・カウンセリング】
    ・問題の特定に
    ・スクリーニング検査の一環として
    ・症状の経過観察に
    出版社 金子書房
    原著 C.Keith Conners, Drew Erhardt, Elizabeth Sparrow
    監修  中村和彦、染木史緒、大酉将史 
    学年 18歳以上
    実施時間 回答 15~30分
    採点 約10分
    価格 自己記入式用紙(5名分1組) 4,860円
    観察者評価式用紙(5名分1組) 4,860円
    CAARS日本語版マニュアル 12,960円
    関連書籍  『ADHD 注意欠陥/多動性障害の子への治療と介入』
    C.キース・コナーズ著 3,024円 B5判上製 120頁 

     

    このページのTOPへ
    Copyright(c) 2008, 教育評価研究所 CO.,LTD.ALL Right Reserved