個別検査

集団用ロールシャッハ法式 新版人格診断検査
    商品コード: KS-0008

    集団用ロールシャッハ法式 新版人格診断検査

     
     

     

    特長
     ロールシャッハ・テストを範としたインクプロット・テストで、投影法の検査でありながら、選択肢法を採用し、集団での実施を可能としています。

     次の10項目によって、個人的・社会的適応状況(問題となる性格・行動特性)を診断します。
     ①自己統制  ②知的効率  ③異常傾向  ④社会的意識  ⑤衝動傾向
     ⑥情緒不安定   ⑦硬さ・現実吟味  ⑧不快・憂うつ感  ⑨不安  ⑩小児的愛情欲求 
     ロールシャッハ・テストについての深い知識がない方でも、簡易診断法によって、パーソナリティ診断・解釈が可能です。

     A型・B型の2種の用紙があり、A型用紙は15問(全体で75問)、B型用紙は18問(全体で90問)で構成されています。B型は反応数が多く、豊かな解釈ができます。検査時間が限られている場合などはA型の利用がお勧めです。

     A型は、マーク式用紙によって、コンピュータ採点・診断も可能です。
     自己採点をされる場合は、反応を分類一覧表に転記し、整理表によって集計することによって、形体水準の評定とカテゴリーの数量が簡単に算出できます。



    次のような場面で活用できます。
      学校現場で
       ・ 生徒・学生の生活指導用として、日常生活の改善を図るために
     人事管理の場面で
       ・ 採用予定の職種・部署に適した人材発掘のために
      ・ 職場内での対人関係の改善やメンタルヘルスのための基礎資料として
     心療内科、精神・神経科をはじめとする医療現場で
       ・ 精神科などで患者の治療方針を決定するために
       ・ 性格の偏り、問題、社会への適応の程度を知るために
     家庭裁判所、鑑別所、児童相談所などの機関で
       ・ 問題行動の原因を探るために

     この検査は主に全国の警察や人事委員会でもお使いいただいています。


    * 自己採点を行う場合は特に専門的な知識が必要とされます。

    * コンピュータ採点処理は「実施担当者向けの一覧表」と「個別に結果詳細が記載される個人票」をお届けします。大人数の受験の際はコンピュータ処理をお勧めします。

    * 初めて検査を購入される方は、検査を有効にお使いいただくため、事前に「手引」を読まれることをお勧めします。手引はA型、B型、A型マーク式用紙に共通してお使いいただけます。
    出版社 金子書房
    編著者  本明 寛 
    適用学年・年齢  中学生以上 
    実施時間  A型用紙 中学生50分程度・高校生40分程度
    B型用紙 中学生60分程度・高校生50分程度
    診療報酬点数  280点 
    価格 【自己採点用】
     A型用紙 410円/1部
     B型用紙 410円/1部

    【コンピュータ採点用】 
     A型マーク式用紙 410円
     採点料 
                   5名まで一律  4,320円
                   6名以上       864円/1名
    改訂新版手引(A型・A型マーク式・B型 共通) 2,592円
    * 初めて検査をご実施される場合は、事前にご一読されることをお勧めします。

    A型説明用掛図(自己採点・コンピュータ採点共通) 540円
    * A型用紙、A型マーク式用紙で用いられる5つのインクブロットが各図ごとに大きく印刷されている掛図です。     
     

     

    このページのTOPへ
    Copyright(c) 2008, 教育評価研究所 CO.,LTD.ALL Right Reserved