中学校

STEP 生徒理解(児童理解)のための綜合調査 ステップ
    商品コード: OS-0003

    STEP 生徒理解(児童理解)のための綜合調査 ステップ

     
     

    特長
    STEP 生徒理解のための綜合調査 (中学校)
    ひとりひとりの生徒の「こころとからだ」の状態から、「生活」状態までの巾広い資料を提供します!

    生徒理解と生徒指導のための資料が多いのは、なにかと便利です。
    継続した実施で<1~3学年の資料>がまとめて読め、追跡調査にも役立ちます。
    「保護者懇談」の際テーマとなる、生徒の訴えを具体的に明示してあります。


    本検査は、3つの視点で構成されています。
    ★おもな傾向・適応感 - ゆきづまりを感じていないか?後退の恐れはないか?など「問題行動予測」につながる資料

    ★考えかたと行動の特徴

    ★悩み・からだと心の状況、生活の実状 - 具体的な訴えを分かりやすく整理

    <検査実施前にお届けする教材>
    質問用紙、回答用紙、実施のしかた

    <検査実施後にお届けする教材>
    生徒個人別整理表、学級分布表、学級一覧表、結果の見方と利用の手引き・別冊「教育相談 Memorandum」

    実施時期は通年でのご利用が可能です。
    さらに、同じ尺度のもと3年間の経年比較ができる検査となっており、継続したご活用も可能となっております。


    STEP 児童理解のための綜合調査 (小学校)

    総合的な学習の時間は、児童の「自分さがし」からはじまります!
     教育心理検査が、児童の問題行動対策のひとつとしてのみの活用から、近来は、日常活動におけるすべての児童の「成長促進」に役立つ資料としての側面が重視されるようになってきました。
    「自ら課題を発見し、自ら学び、自ら考え主体的に判断する」という児童それぞれの「自ら」が中心となる学習方法が採用されるようになって、あらためて児童の「自ら」が問い直されようとしています。
     こうした期待にはピッタリの、成長促進の新たな側面ともなり、「児童の自覚」の位置づけを分かり易くあげて、具体的な活動範囲が広いと評判の本検査をオススメします!

    ★ 結果から判断される児童ごとのテーマを抽出してフィードバックし、「先生への手紙」のかたちで児童の考えを先生に伝えるプロセスから、児童の気づきと自己啓発を促す、新しい形の相談です。

    ★ 「道徳性の判断」と「行動の記録」:文部科学省の新しい指導書に準拠して分類した項目に、それぞれの児童の自覚・自己評価に基づく判断をまとめた資料を提供します。

    ★ 児童それぞれが保護者に訴える「お願い」を具体的に取り上げて、詳述してありますので懇談の資料として活用いただけます。

    <検査実施前にお届けする教材>
    質問用紙、回答用紙、実施のしかた

    <検査実施後にお届けする教材>
    児童個人別整理表、学級分布表・一覧表、結果の見方と利用の手引き(各クラスごとにファイルしてお届けします)


    ※この検査はコンピュータ診断が必要です(学校採点はできません)
    出版社 大阪心理出版
    編著・制作  中学校版 教育臨床研究所/編著
    小学校版 黒橋粂一/監修
          黄楊荒雄、久下順司、久保民和、難波庸男、平石智春/制作
    対象 中学校 1年~3年
    小学校 4年~6年
    実施時間 35~50分程度
    処理期間  約2週間 
    価格 中学校 560円
    小学校 500円
    CDデータ 30円/1名
     

     

    このページのTOPへ
    Copyright(c) 2008, 教育評価研究所 CO.,LTD.ALL Right Reserved