個別検査

JMAP/S-JMAP 日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査器具
    商品コード: PS-0001

    JMAP/S-JMAP 日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査器具

     
     

    特長
     『日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査』は、ミラー幼児発達スクリーニング検査(Miller Assessment for Preschoolers:MAP)を日本で再標準化したものです。MAPは、米国の作業療法士 Lucy J.Miller 博士によって米国で標準化され、1982年に発表された検査で、その検査法としての質は Buros Mental Measurement Yearbook において「軽度の前学業的問題をもつ就学前幼児のスクリーニング検査として最適" (De Loria, 1985)との論評を受けるなど、高い評価を得ています。JMAPはこのMAPの優れた特質を損なうことなく、日本の幼児のスクリーニングを目的に作られました。

      そのために、検査項目は可能な限り原版を尊重し、日本の文化、日米幼児の発達差などを検討した結果、新項目の追加、旧項目の削除、手続きの変更、検査道具の変更等を加えています。
      又、日本版ミラー幼児発達スクリーニング検査(JMAP)マニュアル書を、JMAP簡易版(S-JMAP)の開発過程とその使用法、及びここ10年の関連研究の解説を加えて作成しなおしました。JMAP検査の施行法はもちろん、日本におけるJMAP関連研究を包括的に整理し、特にS-JMAPの施行法及び関連する統計的情報が詳しく紹介されております。

    【検査道具一覧】 *赤文字は検査者で用意します


    【採点用紙の年齢群】 各2,940円 1セット20枚入
    Ⅰ  2歳9ヶ月~3歳2ヶ月
    Ⅱ  3歳3ヶ月~3歳8ヵ月
    Ⅲ  3歳9ヶ月~4歳2ヶ月
    Ⅳ  4歳3ヶ月~4歳8ヵ月
    Ⅴ  4歳9ヶ月~5歳2ヶ月
    Ⅵ  5歳3ヶ月~5歳8ヵ月
    Ⅶ  5歳9ヶ月~6歳2ヶ月

    【S-JMAP採点用紙の年齢群】 各1,050円 1セット10枚入 
    JMAPの簡易版です。解説書と器具を用いて行います。
    1  3歳9ヶ月~4歳2ヶ月
    2  4歳3ヶ月~4歳8ヵ月
    3  4歳9ヶ月~5歳2ヶ月
    4  5歳3ヶ月~5歳8ヵ月
    5  5歳9ヶ月~6歳2ヶ月

    *JMAP:Japanese version of Miller Assessment for Preschoolers
    出版社  パシフィックサプライ 
    対象年齢 JMAP: 2歳9カ月~6歳2ヶ月 
    S-JMAP: 3歳9ヶ月~6歳2ヶ月
    診療報酬点数  80点 
    価格 検査器具 172,800円 
    上記検査用具の内容の他、採点用紙(Ⅰ~Ⅶ)、記録用紙、検査用紙、解説書、S-JMAP(1~5)採点用紙も各1セットずつも含まれます
    (Ⅰ~Ⅶ)採点用紙 各3,024円 *1セット20枚入り
    記録用紙 5,400円 *1セット30枚入り、上記よりお選びください
    検査用紙 5,184円 *1セット50枚入り
    解説書 3,024円
    S-JMAP (1~5)採点用紙 各1,080円 
    *1セット10枚入り、上記よりお選びください。
     

     

    このページのTOPへ
    Copyright(c) 2008, 教育評価研究所 CO.,LTD.ALL Right Reserved